中学2年生の冬休みからできる高校受験勉強を教えます

 テストが終わった先には、クリスマスやお正月がまっている冬休み!

 ところで、中学2年生の諸君。親や学校の先生から、ちらほら言われるようになったと思う。

 そう、高校受験。

受験まで一年もあるし、まだ勉強しなくていいっしょ

 1年生の頃は考えられなかったかも知れないけど、今の部活は君たち2年生が担っているよね。

 それと同じように、いつか君たちにだって訪れる受験。

 どうせなら、みんなより早くスタートダッシュを決めようじゃないか!

 ここでは、冬休みからできる受験対策を紹介していきます。

中2の冬休みは英語と数学の勉強から始める!その理由とメリットを解説

 高校受験勉強をするといっても、中2の冬休みの段階で全ての科目を行う必要はありません。

 中2のうちは部活もあるし、学校の宿題もたくさん出ていますから、全ての科目を勉強しようとすると時間が足りなくなり中途半端に終わってしまいます。

 そこで、中2の冬休みは科目を絞って、数学と英語の勉強をしましょう。

 ここでは中2の冬休みに英語と数学の対策をする理由とメリットを解説します。

【理由】英語と数学は対策に時間がかかる!

 入試問題は学校のテストとは違い、今までに解いたことのない問題が出題されます。さらに、高校入試の範囲は中学内容全てです。

 つまり、高校入試は学校のテストのように一夜漬けで高得点を取れるような試験ではないのです。

学校のテストと高校入試は全然違うんだね

 中でも特に対策に時間がかかるのが英語と数学です。

 英語は長文問題がメインです。長文を読めるようになるにはまず単語を覚えて、次に文法を理解して、最後に長文問題を読む練習をします。

初めて見る長文問題を解かないといけないんだね

 また、数学は証明や関数、空間図形といったみなさんが苦手な分野からたくさん出題されます。

 数学の難しい問題を解けるようになるには、基礎的な内容をよく理解しなくてはいけません。

英語と数学は基礎からの積み上げが大事なんだ!

 以上が英語と数学の対策を優先して行う理由です。

【メリット】早く勉強を始めれば早く成果が出る

 中学2年生の今はまだ気持ちに余裕があるかもしれません。

 しかし、3年生になり部活も引退した頃、受験勉強ばかりの毎日でも成果が出なかったら、ものすごく焦りますよ。

気持ちに余裕を持つために、早めに勉強を始めるといいんだね

 また、早く受験勉強を始めていれば、志望校以上の実力をつけて志望校のランクを上げられるかもしれません。

 受験勉強を遅く始めるデメリットはたくさんあるけど、早く始めるデメリットはありません!

思い立ったが吉日、今日から、今から受験勉強を始めよう!

中2冬休みからできる高校受験対策

 これまでは中2の冬休みには英語と数学の受験勉強をしようとお話しました。

 ここからは具体的に何を勉強すればいいかを解説します。

冬休みの宿題を丁寧にやる

え? 学校の宿題!?

 勘違いしている人がいるかもしれないけれど、受験勉強だからって特別なことをするわけじゃありません。

 受験勉強はつまり、中学3年間の復習。ひとまずは、中2の復習をしましょう。

 中2の復習に最適なのが、学校の先生からもらった冬休みの宿題というわけです。これを丁寧にやりましょう。

宿題を丁寧にやるってどういうこと?

 丁寧にというからには、わからないからって答えを丸写ししたり、解きっぱなしにしたりしてはいけません。

 一度解いた後は間違えた問を解けるようになるまで解き直す!

 英語と数学の宿題は最低でも2周はやりましょう。

 これだけでも、中2の内容はかなり復習できているはず。

 大晦日までに1周目を終わらせて、お正月から2周目に入るのが理想です。

 余談だけど、書き初めは1月2日にやるといいらしい……。

中学1年の問題集で基礎固め

 高校受験の入試問題では、中学3年間で習った全ての内容が出題されます。

 入試問題を解けるようになるには、中学3年間の基礎をしっかり固めることが大切なのです。

 学校の宿題が終わったら、受験勉強の最初の一歩として中学1年の内容を復習できる問題集をやってみよう。英語と数学だけでOKです。

どんな問題集を使えばいい?

 学校のワークを発掘できるならそれでも良いけど、受験生向けに作られた問題集を買うのも良いでしょう。

 何を買うか迷ったら、一番簡単で、薄い問題集を選ぼう。

簡単に終わる問題集でいいの?

 ここでの目的は、難しい問題をたくさん解くことではありません。あくまでも基礎を固めることです。

 いきなり難しい問題集を買っても、結局やりきれずに無駄になってしまいます。

 基礎を積み上げた上に入試の過去問、そして受験本番があるのです。

 ちなみに、過去問演習は中学3年生の秋以降に行います。

中学3年の秋までに基礎を固めるんだね!

まとめ~基礎固めをしっかりやろう!

 中学2年生の冬休みから行う受験勉強のポイントを整理します。

中2冬休みからの受験勉強

  • 英語と数学を優先する
  • 学校の宿題を丁寧にやる
  • 中学1年生の内容を簡単な問題集を使って復習する

一番いけないのは学校の授業や宿題をないがしろにすること。

 受験勉強へダイレクトに繋がるのはもちろん、内申点も重要なので、授業態度が悪いとテストが良くても減点されてしまうかもしれません!

 学校の勉強を第一にして、受験勉強をしっかりやっていこう!